→「3倍の集客に成功したチラシの話」の記事はこちらから

コンセプト

“ユージーデザイン”を始めた理由

デザイン事務所でデザイナーとして働いたのち、複数の一般の企業で販売促進の部署のデザイナーとして仕事をしました。

制作会社側と、制作会社に発注する企業側の両方を経験したことになるわけですが、中小企業ならではの「販売促進のネック」があると感じました。

そしてその「販売促進のネック」を解消するためぴったりのサービスも見当たりませんでした。

そこで中小企業の販売促進のネックを解消するためのサービスとしてユージーデザインを始めました。

従業員として仕事をする中で感じた、中小企業の販売促進の特長は以下のようなものがありました。

  • ニッチな市場向けの商品のため、ひとことで特長をアピールするのが難しい
  • 販売促進の仕事は、想像以上に専門性が高いにも関わらず総務や営業と兼務となることが多く、モチベーションが下がり担当者が退職する
  • 経験を積んだ販売促進担当者が実力を発揮するための設備投資が難しい
  • 販売促進を丸ごと外注できるようなサービスが存在しない

少人数企業の事情に焦点を合わせたデザイン・サービス

少人数企業では、「1.商品の潜在能力を引き出したい」、「2. デザイン業務がある時だけ手伝って欲しい」、「3. 小さな案件も対応して欲しい」、「4. 設備に予算を使いたくない」の4つの事情・ニーズがあります。

この4つの事情・ニーズに対応するために、「従業員のように小回りのきくデザイン事務所」をコンセプトとしたデザインサービスの形を作りました。少人数企業の事情に合わせて、従来よりの見積り式に加えて、「月定額式」、「タイムカード式」の料金システムを導入することで『訂正シールを20枚だけ作って欲しい』というような細かいニーズにも少額の予算で対応することができるようになりました。

ユージーデザインは、実際に少人数企業でデザイナーとして仕事をした経験から生まれた、少人数企業のためのデザイン・サービスです。